interview 社員インタビュー

2003年 中途入社 / ディレクター

渡邉 康二

2002年 新卒入社 / アートディレクター

中澤 良子

業務内容について

渡邉
ディレクション業務を担当しています。
スケジュール管理、プロジェクトメンバーの選定、成果物の品質管理、予算管理が主な業務内容になります。
クライアントからの要件をまとめ、最善の方法で、最良の成果物になるよう計画を立てるところからスタートします。
そのプロジェクトに最適なデザイナー、コーダー、ときには外部のパートナーをアサインし、それぞれの進行、制作物の品質を管理しながらプロジェクトを進行させ、最終的に成果物を納品することが一連の流れとなります。
中澤
アートディレクションとデザインチーフを担当しています。手を動かしてデザインを作成するのと並行して、打ち合わせ、見積もり作成、スケジュール管理、アートディレクション、パートナー会社様との調整などを行なっています。その他には、仕事を円滑に進めるための手法を検討をしたり、業務に役立ちそうな日々のニュースを収集し共有しています。

仕事のやりがい

渡邉
クライアントの成功に一番のやりがいを感じます。
クライアントの数字的な成功はもちろんですが、担当者レベルでの成功もまたやりがいを感じるところです。
担当したWEBサイトが社内でいい評価を得た、社外でいいコメントをいただいた、さらには昇進したというお話を聞くと本当にやってて良かったと感じます。
自分たちが制作したもので、担当者様、その会社、その先のエンドユーザーが幸せになってもらえるということは素晴らしい仕事だと思います。
中澤
お客様から感謝やお褒めの言葉をいただいた時にやりがいを感じます。宣伝を目にした方のポジティブな感想を見たり聞いたりした際に、苦労が報われる気がしています。制作スタッフの日々の成長も本当に嬉しいです。
また、新しい案件に関わるということは新しいものを知るチャンスです。リサーチで資料を収集したり関連するイベントに参加してみたりするのが、よい刺激になっています。

新入社員に求めるもの

渡邉
新しい知識やスキルに興味を持ち、その興味を持ったことにチャレンジし続け、自ら成長できる人を歓迎します。
目まぐるしく変わり続ける業界ということもあり、常に新しい情報に目を向ける必要があります。
最初は知識やスキルが無くても問題はありません。好奇心を持って新しい情報をどんどん自分のものにすることができれば自然と実力は身についてくるはずです。
中澤
デザインやゲームだけでなく幅広い分野に興味を持って日々を過ごしてもらいたいです。それらが仕事と結びついた時に、他の人とは違った提案ができると思います。
なお、センスというのはこの仕事に必須ではないと考えています。広告する対象と届けるべき相手を正しく見極め、理解することが大切です。ですから「学ぶ姿勢」も重視していますね。

Interview Designer Side

スフィーダ株式会社
〒150-0001 渋谷区神宮前6-18-10 カワムラビル4F TEL 03-5468-5280

© SFiDA Inc. All Rights Reserved.